目次を付ける事が必須

目次がないと商品を見つけにくい

ネットショップを管理する時には、見やすいショップサイト作りを考える必要があります。そこで、重要になるのが目次の存在であり、目次がなければ利用者が自分が購入したい商品を見つけるのに苦労します。なかなか自分がほしい商品にたどり着けない場合は、ストレスが溜まり使いにくいネットショップだと評価されて、利用してくれなくなります。いくら商品が充実していても、商品を検索しにくいネットショップは人気が上がらないでしょう。そこで、目次を作って、簡単に商品を検索出来たり、会計処理やマイページにアクセスできるようにします。そうすると、商品を購入するのが簡単で、手間がかからないですね。いかに利用者のストレスをなくす事が出来るかがポイントです。

目次はトップページに作る

目次はネットショップを手軽に利用できるようにするためには大事な存在ですが、目次の位置も大事なポイントです。目次があっても、分かりにくい位置にあると利用者も戸惑います。そこで、目次はトップページに作って、しかも一番見やすい場所に設置します。また、目次という字の部分を目立つように大きくする事も大事ですね。目次を少し派手にする事によって、どこにあるのか利用者がすぐに分かりスムーズに商品を購入する事が出来ます。目次があっても、それを利用者が気付かないと意味がないという事です。目立つためには、目次の部分を太枠で囲む方法もありますね。目立つようにする方法はいくつもあるので、うまく取り入れて誰が見てもすぐに目次が見つかるようにします。